多数決

日記

競技で一番大事なもの

ランクマッチってレートの計算システムが公開されているわけでなければ対戦内容に関するアップデートもロクに知らされていない。なんなら切断バグに関しては修正しましたとは言え無効試合が確認されていたりもする。これら全部説明無し。

YouTubeツイキャスを見れば誰かしらはランクマッチで放送してるし型の匿名性なんてどこにもない。

なんならシーズンが終わる時間は相変わらず朝の九時だ。こんなんで上目指そうなんてよく言えるな。

だから大会を開いてプレイヤーが理想とする環境で競技性を担保した方が健全なんじゃないか。だってお前ら10000位の地割れランドロスにキレるけど、同じ順位の地割れランドロスにはキレないだろ?そんなら言うべきは「5桁は潜るな」じゃなくて「同じ目標を持ったプレイヤー同士で戦う場所をくれ」じゃないの?

こんな最低なゲーム、反吐が出る。

と、言っていたのが昔の僕。

 

・レギュレーションとは取捨選択である

 

結局のところ大会にだって欠点はある。ここはランクマッチに勤しんでるプレイヤーの方がたくさん言えそう。

上記の要素を全て解消した大会はデザインできるけど、それとはまた別の問題が浮かび上がる。システムである程度解決出来ても最終的にはモラルに委ねられるのであれば極論それはランクマッチと変わらなかったりもする。結局のところランクマッチも大会も「異なるレギュレーション」でしかない。

それに感じる欠点は人によって違う。順位差にキレる人もいればマッチングしないことにキレる人もいるし、うさみてつやとマッチングしないからアローラに帰るという人だっている。価値観は人それぞれで、そうであれば適するレギュレーションも人それぞれだったりもする。ダイマックスができるできない、伝説が使える使えないの好みと同時に朝9時に終わるのが好都合な学生はいくらでもいる。

その最小公倍数を取るのがレギュレーションの役目、だとすれば今はランクマッチがそれなわけで。ポケリーグは理想のシステムかと思ってたけど別に名誉や賞金が欲しくない人間がいる、出演がめんどくさいからと断る人間が居ることを知った以上、力があればなんとでもなると思うのは間違いなんだなっていうのを最近知った。でもかなり何とかなってるけどな。