有利対面 はたきおす

たかきおすです。シングルレートしつつ大会運営をやります。

【ポケモンSMシングルシーズン1使用構築】メガハッサムスタンダード

【はじめに】

はじめましての方は初めまして。そうでない方はお久しぶりです。たかきおすです。

今回はポケモンSMシングルシーズン1中期にて使用した構築を紹介します。

並びは以下の物となります。

f:id:kiossamu:20160823220944g:plainf:id:kiossamu:20160116233952g:plain
f:id:kiossamu:20170108190726g:plain     f:id:kiossamu:20161220162323g:plain
f:id:kiossamu:20150820091122g:plain    f:id:kiossamu:20161220162346g:plain

ではパーティの説明です。常体となります。

 

【構築の経緯】

まず、オフ*1にてとある人との雑談からガブリアスカプ・レヒレの並びが強いと聞いた。そこでその2匹から自分なりに構築を考え上記の並びになった。
自分がきあいのタスキを持ったガブリアスをかなり評価していたためこちらのガブリアス*2を採用した。
また、カプ・レヒレは「ミズZ」を持たせて瞬間火力を上げた個体を採用した。
そして、この2匹と組み合わせるメガ進化として様々なポケモンを検討したが、最終的には先制技を使え、ガブリアスと補完が取れ、ミストフィールドと相性が良く、舞った時の爆発力があるハッサムを採用した。
この3匹の裏だが、まずガルーラ+ガブリアス+カプ・テテフのような並びが重たいためじゃくてんほけんを持ったギルガルドを採用した。
そして、こちらのカプ・レヒレが出しにくいパーティがいくつか見受けられたが、Zワザを撃つことができない選出はしたくなかったため、ゴーストZを所持したミミッキュを採用した。
最後に相手のテッカグヤが重たく感じたためカプ・コケコを採用した。
本構築は選出においてメガ進化よりZワザを重要視しており、カプ・レヒレミミッキュをなるべく選出しやすいように組んでいる。そのためメガ進化するポケモンはメガハッサム1匹となっており、メガハッサムを選出した上で数値負けしないよう、取り巻きのポケモンはなるべく数値が高いポケモンを採用している。

 

【個体紹介】

f:id:kiossamu:20160116191353p:plain
ガブリアスきあいのタスキ
183-200-116-:-105-154
げきりん / じしん / ほのおのキバ / つるぎのまい
今回の構築のスタートであり、ストッパーであり、相手を崩すためのポケモン。強力な行動補償と数値の高さから選出率は一番高かった。
きあいのタスキを持ちながらすばやさに補正をかけない理由としては、ポリゴンZの耐久調整が182地震を基準にしていたことに加えて、相手のテッカグヤを強引に崩す機会が多かったため。

f:id:kiossamu:20161220162618p:plain
カプ・レヒレ@ミズZ
177-:-145-127-151-127
ハイドロポンプ / ムーンフォース / ちょうはつ / しぜんのいかり
こちらも今回のスタートのポケモン。完全な出し負けをしにくく、どんな相手でも大きく削ることができるため積極的に先発で選出をした。
すばやさは同族意識、ミズZは相手の甘えたデンジュモクやカプ・コケコに後出しに刺すことができるため採用した。
「しおみず」+「ガーディアン・デ・アローラ」の構成を面白そうに思って採用したが、思った動きができ無かったため今回はこの型を採用した。

f:id:kiossamu:20160116191332p:plain
ハッサムハッサムナイト
177-176-121-:-122-85
177-198-161-:-142-95
バレットパンチ / とんぼがえり / どろぼう / つるぎのまい
「はねやすめ」を切り、「とんぼがえり」を採用したハッサム。基本的にこのポケモンを後投げすることは無く、パーティ全体で相手のポケモンを対面処理することが多かったため範囲を最大に広げた。
Dにかなり厚く振っているが、ここまでふると、C222の「シャドーボール」や、こだわりメガネを所持したカプ・テテフの「サイコキネシス」を2耐えしたり、カプ・コケコの「スパーキングギガボルト」を中~高乱数で耐えたりする。
メガ前でDL対策をしており、そのBDのラインを崩したくないためHは177。Aは「とんぼがえり」+「舞いバレットパンチ」でBに4振ったガブリアスが丁度確定。努力値が4余っているが今回は相手のメガハッサムに対して後攻でとんぼ返りをしたかったためあえて振らないことにした。
これから先のシーズンでもこの調整の個体を使いたいと思うほど調整が上手くいった。

 f:id:kiossamu:20160703214802p:plain
ギルガルドじゃくてんほけん
165-101-171-:-172-91
かげうち / アイアンヘッド / せいなるつるぎ / キングシールド
対面性能が非常に高く、ガルーラ+ガブリアス+カプ・テテフといった並びに対して積極的に選出するポケモンとして採用した。「つるぎのまい」の採用を何度も検討したが技スペースが足りないため断念した。
多少不利な相手でも「じゃくてんほけん」と高い数値を盾に無理やり突っ張る事ができるため非常に使いやすかった。

 f:id:kiossamu:20161220162638p:plain
ミミッキュ@ゴーストZ
131-156-100-:-125-148
シャドークロ― / じゃれつく / かげうち / つるぎのまい
今回カプ・レヒレが選出できない時に選出するポケモンとして採用した。
また不利なパーティに対してガブリアス+ハッサム+ミミッキュといった所謂積サイクルの選出をすることで相手の並びを無理やり崩すことも多々あった。

 f:id:kiossamu:20170108194621p:plain
カプ・コケコ@こだわりスカーフ
145-108-106-147-95-200
10まんボルト / マジカルシャイン / とんぼがえり / ボルトチェンジ
主な積アタッカーへのストッパーとして採用した。

 

【結果】

 Max & Finish 2008

TNたかきおす