有利対面 はたきおす

たかきおすです。シングルレートしつつ大会運営をやります。

有利対面はたきおす にようこそ

こんにちは、たかきおすです。

ここでは構築記事や、大会運営にあたっての記事を書いたりしています。

連絡がある方は本記事コメント欄、またはTwitterまでお願いします。

 

大会は主にチーム戦の運営をしています。過去5回行われ、どの大会も数百人の規模で行われています。

 

気まぐれで普通のシングルの大会も開いています。機会があればぜひ参加していってください。

 

ここでリンクしているブログについて少しお話しましょう。

(PC閲覧推奨) 

 

★便利リンク★

ポケ勢御用達のブログやサイトをここに乗っけておきます。

その中でも非公式の物に関して少しだけ紹介します。

 

・滝ポケ(滝沢さん)

6世代の構築記事がまとめてあります。7世代となった今ではあまり見に行く機会は無いかもしれませんが6世代の構築は殆ど見ることができます。いい勉強になりますので暇なときに遊びに行ってみてください。

 

・コラムまとめ(ハネコマさん)

ここにはポケモンプレイヤーの考え方の記事がたくさんあります。

初心者向けの物から、高度な対戦理論、他には好きなポケモンで戦う人の考え方やマナーに関する記事まで様々な物が置いてあります。

とても勉強になるため一度は見に行っておきましょう。

 

・ぽけっとふぁんくしょん!(ノートさん)

7世代の構築まとめです。シングルの構築だけでなくダブルやWCSの構築も扱っていたり、シーズン毎にランキングを出していたりします。

構築記事があれば申請することであなたの記事も取り扱ってもらえるでしょう。

シーズン終わりにそのシーズンの記事を申請してみてください。

 

★大会運営相方★

ここには大会運営相方のブログがリンクされています。チーム戦は共同運営であることが多いため向こうのブログと行き来しやすくしてあります。

もちろん面白い記事も置いてある(と、思う)ので遊びに行ってみてください。

 

 

では、ゆっくりしていってください。

そして、このブログだけでは無く色々なところに遊びに行ってみてください。




今までの成績を置いておきます。

ORAS

シーズン15    42位    Max&Fin 2202

SM

 

シーズン6 ??位 Max&Fin 2153 

オフ

【シングル厨使用構築】舞うは嵐 奏でるは災禍の調べ - Hello, 夢幻を数えて

【SMシングル】S6使用構築 - 大いに凱歌の奏したり「滅ゲン軸テテフビートダウン」

【はじめに】
こんにちは、たかきおすです。今回は最終シーズン使用構築紹介記事です。
並びは以下のようなものになりました。

f:id:kiossamu:20171110161423p:plain

では紹介に入ります。

 

【個体紹介】

f:id:kiossamu:20160211014844p:plainゲンガー@ゲンガナイト
特性:のろわれボディ
控えめ:159-63-81-166-103-162
メガ時:159-63-101-210-123-182
シャドーボール / みちづれ / ほろびのうた / まもる 
C191「シャドーボール」高乱数耐え
最速ジャローダ抜き

f:id:kiossamu:20160815010544p:plain霊獣ランドロス@イアのみ
特性:いかく
腕白:192-165-140-x-119-111
じしん / がんせきふうじ / とんぼがえり / ビルドアップ
A156ミミッキュの+1「じゃれつくZ」高乱数耐え
C222ギルガルドの「シャドーボール」高乱数耐え

f:id:kiossamu:20161220162608p:plainカプ・テテフ@こだわりメガネ
特性:サイコメイカー
控えめ:175-81-108-166-152-120
サイコキネシス / ムーンフォース / めざめるパワー(炎)/ サイコショック
A197メガボーマンダの「すてみタックル」耐え
C222メガゲンガーの「ヘドロばくだん」耐え

f:id:kiossamu:20161220162638p:plainミミッキュ@フェアリーZ
特性:ばけのかわ
意地っ張り:149-152-117-x-125-116
かげうち / じゃれつく / のろい / トリックルーム
A216メガボーマンダの「おんがえし」高乱数耐え

f:id:kiossamu:20161117014858p:plainポリゴン2@しんかのきせき
特性:アナライズ
呑気:191-100-148-125-124-72
おんがえし / れいとうビーム / イカサマ / じこさいせい
C200カプ・テテフの「サイコキネシスZ」耐え

f:id:kiossamu:20160612211912p:plainゲッコウガ@ミズZ
特性:げきりゅう
臆病:157-90-87-154-91-182
ハイドロカノン / ねっとう / みがわり / みずしゅりけん
A216霊獣ランドロスの「じしん」耐え
最速ジャローダ抜き

 

【構築の要点】
・サイコフィールドを利用した戦術f:id:kiossamu:20161220162608p:plainf:id:kiossamu:20160815010544p:plainf:id:kiossamu:20160604222345p:plain
 この構築におけるゲームの進め方です。まずカプ・テテフの対面性能で相手の1匹を持っていき数的有利の状況を作り出します。その後「ほろびのうた」を搭載したメガゲンガーを展開し残りの2匹を強引に処理してゲームセットに持っていくのが所謂「理想ムーブ」です。しかし、この2匹はミミッキュに不利を取ってしまいます。そこで光るのが「イアのみ」を持った耐久ランドロスです。
 カプ・テテフを先発に出しミミッキュとの偶発対面ができたとします。その場合は耐久に振った木の実ランドロスに引き次ターンで「とんぼがえり」を撃ちます。するとサイコフィールド下でゲンガーとミミッキュの対面ができあがるためシャドーボールで縛ることができるのです。この時ミミッキュが耐久に振っていても確実に落とせるように性格は控えめとしています。また、テテフ-ミミッキュ対面で「つるぎのまい」をされていてもケアが効くようにランドロスは「+1じゃれつくZ」を耐えてそこから木の実が発動する調整になっています。

 耐久に振ったランドロスは著しく単体性能が落ちるため基本選出軸に組み込んだ場合、選出のパワーを維持することが困難な傾向にあります*1。そこで「ビルドアップ」を採用して自身が勝ち筋になる事を可能とし、これによって基本選出の3匹が満遍なく活躍できる構築になりました。採用時点では明確な役割を持たない技ではありますが、試合の中で勝ち筋が1つ増えるこの技は要所要所で活躍しました。 

・相手の鋼に対してf:id:kiossamu:20160604222345p:plainf:id:kiossamu:20161117014858p:plainf:id:kiossamu:20160612211912p:plainf:id:kiossamu:20161220162608p:plain
 カプ・テテフを活躍させる上で主な障害となる鋼タイプの処理ですが、ゲンガーの「ほろびのうた」のみでは明らかに対策不足であるため他にもいくつか用意することにしました。
 現環境では色々なメガ進化ポケモンがいますが特にメタグロスに関してはカプ・テテフが苦手なポケモン筆頭と言って良いでしょう。ランドロスによる受けは「れいとうパンチ」により困難であることから「イカサマ」を搭載したポリゴン2を採用しました。
 また、ポリゴン2の構成上耐久及び回復ソースを確保している鋼タイプ*2の突破が困難であるため「げきりゅうゲッコウガ」を採用しました。「げきりゅう」発動時の「ハイドロカノンZ」の火力指数*3は69300です。火力が生きる具体的なケースをあげると、後出し際に「ねっとう」が入ったポリゴン2であれば急所率、火傷率まで考慮するとだいたい落とせます。テッカグヤも特にD方面に振られていなければ余裕で飛ばせます。
 構成に関してですが、「みずしゅりけん」はどうしても後手になりがちなバシャーモに対してよく機能するため、「みがわり」はHP調整やリザードンに対して置くことで安定した処理を実現することができるために採用しました。
 汎用打点の選択肢として「ねっとう」と「あくのはどう」の2択が考えられます。今回は相手を引かせることが多いこのポケモンが最大限に活躍できる「ねっとう」を採用しました。対面からテッカグヤを焼けば身代わりを残しつつ突破できるようになることも見逃せない点ですね。
 鋼タイプの中でもナットレイに対しては有効打が皆無な点についてですが、基本的にはカプ・テテフの「めざめるパワー」で無理矢理削ることでこのポケモンの一貫を作る事が多かったです。終盤数を増やしたように感じるポケモンではありますがプレイングで捲れると判断し軽視しました。

 

・構築の対応範囲を広げるためにf:id:kiossamu:20161220162638p:plainf:id:kiossamu:20161117014858p:plain
 本構築の最後に採用されたミミッキュは本構築において一番曖昧な枠ではありますが、重たい構築を綺麗に処理するためにはこのポケモンの採用が欠かせなかったように思います。「じゃれつくZ+かげうち」による強力な対面性能によって多くのポケモンと撃ちあえることや、トリックルームを絡めることでカプ・テテフの抜き性能を格段に上げることが可能となりました。また多くのギミックに刺さり、詰め筋にもなる「のろい」も最後まで採用し続けました。
 他に採用を考えた「つるぎのまい」は崩しの手段としては優秀ですがゲンガーとカプ・テテフで間に合っていた事、「おにび」は命中率と構築内でのシナジーが釣り合わないと判断し最終的にこの構成に落ち着きました。
 また、ポリゴン2に関してはボーマンダに対して投げることも多かったため「れいとうビーム」、そして幅広い相手と撃ちあえるように「おんがえし」を採用しています。
「おんがえし」を採用したことにより、水タイプのポケモンに対して削りを入れることができるため、それらの処理が楽になりました。また物理打点である事からウルガモスの起点になりにくくなったことも見逃せません。「れいとうビーム」をケアした交代先に大きな打点を入れられることもしばしばあり非常に役立ったと考えています。

 

【総括】
 「滅びゲンガー」の汎用性の高さを武器に戦う構築ではありますが、このポケモンの性質上、選出段階において有り得る勝ち筋をどれだけ把握できるかがこの構築を扱う上で大事な要素だと感じました。勿論ゲンガー自体の使い方も非常に難しく、それなりに扱えるようになるまでにはかなりの時間と労力を要しました。
 また、こちらの安定した回復ソース持ちのポケモンポリゴン2のみであった事、相手の鋼タイプに対してカプ・テテフで超技を何度も打ち込み突破した試合もいくつかあり、このような体力管理が非常にシビアな対戦を難度も強いられました。
 一見「ランドポリ2」の並びがあるためサイクルチックな構築だと思われますが、対面的な動きも多々あったこと、そしてゲンガーやゲッコウガを用いた崩しによって試合を決めた試合もかなり多かった事から万人が扱える「スタンダード」な構築と言っても良いでしょう。この構築には「ポケモンシングルバトル」における重要な要素がたくさん詰まっています。ですから私自身この構築と向き合う事でこのゲームに対する理解が非常に深まった気がしました。この経験を活かし次回作でも良い結果が残せるように精進する次第です。
 対戦してくださったみなさん、ありがとうございました。ひとまずは終わってしまうゲームの構築ですが質問等ありましたらコメント欄にてどうぞฅ•ω•ฅ

 

【参考】

Happy*Canvas 【SM】シーズン5使用構築 眼鏡テテフ+木の実ランドロス【最終2159 - 6位】

最初から最後までつきっきりで協力を頂いたCalc.さんにはとても感謝しています。

本当にありがとうございました。

また、彼もシーズン6に使用した素晴らしい構築記事を執筆したみたいですのでぜひ見に行ってみてください。

 

【成績】

最終 2153  (9位)

TN Moon 

f:id:kiossamu:20171118003514j:image

初めての1ページ目です。とても嬉しいです。

【宣伝】

YouTubeのチャンネルを作りましたので登録の方よろしくお願いします。

https://www.youtube.com/channel/UCAEu9jji59kBMaf16QR1shg

*1:言いきっていますがあくまで主観です

*2:ギルガルドテッカグヤヒードラン

*3:攻撃(特攻)と技の威力及びその倍率を掛け合わせた値。今回の値=154*200*1.5*1.5