U&I

日記

ダイマ禁止

目が覚めると机の上にレジュメが散らかっていた。時計を見ると15時。

「あぁ、今日もか...」

Skypeの履歴にはボードゲームサイトのURLが貼られている。タイムスタンプは5:34だった。スヌーズ機能で暴れていた目覚まし時計もゲームの楽しみには抗えなかった。またつまらないポケモンを考えてはボドゲに明け暮れ、授業を飛ばした。毎日繰り返していた。

シャワーを浴びて友達にLINEを飛ばす。人段落したらパンを食べてブラウザを開く。

でんそん、おざ、デミル、ラフィー、君は戦いに何を見るか

タイムラインの更新履歴からタイムシフトボタンを押した。

応援団いくぞおおおおおおtン tン tン ハイ tン tン tン ソレ tン tン tン tン tン ポコ tン

ヘッドホンから流れる無気力な棒読み。あまりにも聞き慣れたテンプレート。最初は恐怖こそあったものの今では安心感すら覚える。体は完全に毒されていた。

通知が鳴った。

o~i

僕のSkype通知はLINEより多い。

usu

繋がる

「今誰見てんの?」

「デミル」

「飽きないなほんと」

「いや、当たりたくないし...」

 

「相手キモいんだけど」

「どしたん?」

「ガルガル対面サザンに引かれた」

「バカじゃん」

 

に〜〜〜〜こにっこどうが

 

時報◯ねほんま」

「まだプレミア会員じゃないのかよ」

「こんなサイトに金払うやつの神経がイカれてる」

 

今日もこんな感じで、人が集まり始めたらまたボドゲが始まる。今日もGTS産個体の改造が発覚した。A10くらいのヒードランで界隈が揺らぐその日を僕たちはまだ知らない。

 

「なぁ」

「どうした?」

「俺たち、いつまでこんなゲームやってるんだろうな」

目の前には痺れて動けないクレセリアがいる

「さぁ、一生やってるんじゃないか」

相手のガルーラは頑なに秘密のちからを撃っている。

このターン...

クレセリア は しびれて うごけない !」

「ガチでしn...」

DSを叩きつけようとしたその瞬間だった。

 

 

目の前には社用PCが置かれている。

「やべ...」

急いでslackを確認する。何も通知が来ていないことに安堵した。気づけば終業まであと数十分だった。得をした気分でもある。

仕事が終わり晩御飯も食べタイムラインに目をやる。

 
DNSN@denson_rainy