U&I

日記

オフの神格化

一応192人規模のを主催したのでそんな僕からコメント。

半年に1回くらいまとめて愚痴を吐きたくなる。

 

体感、過去のオフより日々の葉桜杯の方が盛り上がってる。これはマジ。いやまぁ何をもって盛り上がってるかというアレもあるのだけど。

 

昔はオフがあってねー、みたいな話。昔の話をするってことは、内心しばらくは無いって諦めてるんだろうなーってのを思ってしまう。僕の悪いとこ。今週末にでもやりたいし実際に動いてるし動いてないやつが何言ってんだとも思うがまぁ仕方ないのは仕方ない。

やってる人はマジですごいと思う。

運営の勘?というか感覚?は忘れないようにオン大会だけじゃなくて実際にオフにも足を運んで運営して勉強してってやってるのだけど、正味僕だけじゃなんの意味もない。いや、無いとは言わんがイベントって1人でやるもんじゃないしな。

コロナ禍がーっていう問題以前にキツネさんっていうポケモン大会運営のレジェンドが「後継が居ねぇ」って嘆いてたから僕はコロナ禍の前からひたすら「後継問題」を考えてたのだけど、コロナ禍でイベントが薄くなってそこで初めて「後継問題」を話題にあげても遅いというかなんというか。僕が満足に出来ているかは分からんけどやってるつもりではいる。解説に入ってくれてる人って喋りが上手いだけじゃなくて、界隈に対する接し方とか、立ち回りとか、そういうのも勉強したりする。

何かを参考にしようとか、勉強しようとか、イベントをもっと良くしようと思ったら真っ先にこの問題は見つかると思ってたのだけどそうでも無いらしい。

僕がやたら新しい人と関わりたがるのって自分がこどおじになりたくないからで(手遅れ)、やってることは子どもでも年齢相応に成長したいとか尊敬されたいとか、社会的ステータスがどうとかそういうちょっとしたプライドがあるのも否めない。でも一番はやっぱりカッコよくやりたいとか、みんなが目指すイベントにしたいとか。そういう所にあったりする。

イベントってサクラでは無いけど盛り上げ方とか、もっと言えば参加の仕方みたいなのがある。それって界隈のレベルだと思うし、僕はこの界隈のそれのレベルがめちゃくちゃ低いと思った。だからポケソルがなんかやってた時とか、当時はポケリーグみたいなイベントは誰かやるだろみたいな事は予想出来てたので界隈のレベル上げをしよーって意図を葉桜杯に持ち込んだ。じゃないと参加者が大会に付いていけないから。勝手が分からずに自滅して暴れ始めるから。

だから解説を設けた。彼らから界隈レベルを上げて行ければと思った。

体感、僕の周りは上がった気がする。全体で見たら微妙かもしれないけど多少マシにはなったのかななんて思う。身内が勝ってる時に喜ぶことだって大会の盛り上げ方の1つだったりする。そういう文化を一つ一つ根付かせていった。みんなのおかげで出来たのかなとかは思う。

こういうのって勝手に育つものじゃなくて誰かが種を撒いて、水をやって、芽が出たら光を当ててあげてってやらないと成長しない。そもそも畑を作る必要があるし、耕すための鍬が必要だったりする。

 

ここまで書いたけど、俺がやったんだぜスゲーだろとは全く思えない。むしろ自分から、葉桜杯からどこにも波及して行ってる感じがしなくて本当に合ってるのかが怖い。間違ってるんじゃないかとすら思う。もちろん着いて来てくれてる人はいるし、葉桜杯もコミュニティイベントとして機能している。ただなんかこう、自分が必死に訴えかけてた問題をココ最近多く見るようになって自分の無力さみたいな物をすごく感じた。

多分これって自分の伝える能力が低かったり、信用が無かったり、行動力が足りてなかったりなんだろうなとか思う。凹む暇があるなら手を動かせ歩き続けろみたいなのを心情にやってる。これらの考えてた事を全部ランクマというか、ポケモン対戦ゲームに当ててたら多少は強くなれてたのかななんて思ったりもするけどまぁ多分大して変わらんよな。

まだ色んな人を巻き込みきれてない、まだ信用が足りない。過去になんかやったならそれ以上のことをすればいいだけ。つまり全然足りてないし実績も無い。もっと色々積み重ねて、界隈のレベルも上げて、自分のレベルも上げて、オフをやる時に「きおすさんに頼んで良かったね」って言われるのか、「なんか俺らだけでもなんやかんややれるんやなw」って言われるのかは僕にとってはかなり大事な問題だったりもする。

 

愚痴と言うよりかは現状の把握に近い。足りない物を得る為には何をすればいいのだろう。