有利対面 はたきおす

たかきおすです。シングルレートしつつ大会運営をやります。

【オフ使用構築】ラティハッサムゲッコウガ ver.2

【はじめに】

こんにちは、たかきおすです。今回はへべれけオフとある程度のレート帯にて使用したラティハッサム構築の記事です。完全に公開するタイミングを失っていたのですが何かそういう気分になったため投稿することにしました。

f:id:kiossamu:20170226145055p:plain

へべれけオフで準優勝し、レートでも2000↑帯で何戦かしましたがある程度勝てたためできとしてはまぁまぁかなと言った感じです。

 

 

では本題に入っていきます。常体です。

【概要】

まず、ハッサムを動かすにあたりカプ・テテフが展開するサイコフィールドがとても大きな障害となるため、ハッサムが剣の舞をして火力を取ることはとても難しいことに思えた。そこで今回は所謂「オタクサイクル」*1の形をとることにした。

また、ラティオスに関してはミミッキュカプ・テテフを意識した鋼ポケモンの増加により従来のこだわりメガネを用いた火力を取る型の運用はとても難しいように思えた。

そこで今回は水技を使えること、浮いている事、氷が4倍で無いドラゴンタイプであるため草、電気タイプに強く出られることに注目しカバルドン展開や砂展開を崩すコマとして採用した。

そのほかのポケモンに関してだが、ゲッコウガガブリアスヒードランボルトロスを採用した。ゲッコウガはスカーフを持たせ先発に投げやすいスイーパーとして、ガブリアスは相手の物理ポケモンを削るコマとして、ヒードランハッサムとの補完を評価して、ボルトロスはこの構築の重たいところを支えるポケモンとして採用した。

本構築はメガハッサムを軸として周りのポケモンを動かし、とくにギミックが無い構築となったため構築の形態は「メガハッサムスタンダード」であるが、今回は自身が好きなラティオスハッサムの並びに今回のメインスイーパーであるゲッコウガ組み込んだため構築名は「ラティハッサムゲッコウガ」とした。

また、今回自身が組み上げた「ラティハッサムゲッコウガ」の構築が2つ目であるため*2ver.2とした。

 

【個体紹介】上2体以外採用順に解説

f:id:kiossamu:20160116233725g:plain

ラティオス@ミズZ

175-:-101-166-131-173

りゅうせいぐん / サイコショック / なみのり / めいそう

ミズZを持たせた撃ち分けができるラティオス。準速ボーマンダを抜けるところまでSに振り、Cは「素ハッサムのとんぼがえり+ミズZ」でカバルドンを落とすのを期待できる数値にした。この火力を実現するためにはラティアスには務まらず、カプ・テテフではカバルドンの後続にいるドリュウズに一方的に落とされてしまう可能性が極めて高いためこのポケモンの採用に至った。

「めいそう」は今回試験的に採用してみたが、機能する場面が多かったため考察してみるのは面白そうだと感じた。

・追記

今使うならドラゴンZで良いと思われる。

 

f:id:kiossamu:20160116233952g:plain

ハッサム@ハッサムナイト

177-150-154-:-113-66

177-170-198-:-133-76

バレットパンチ / とんぼがえり / はたきおとす / はねやすめ

おおまかな調整などはこちらを参考にした。*3

ただし、定数ダメージの減少よりはねやすめの回復量増加を優先してHPは極振りにした。

特筆するべき点は素早さに下降補正をかけているところ。素のハッサムカバルドンの下をとり「後攻とんぼがえり」ができるようになり、欠伸ループを切ることができる。これでラティオスを展開しカバルドン展開を詰めていく動きができる。

 

f:id:kiossamu:20160117002437g:plain

ゲッコウガ@こだわりスカーフ

147-161-78-124-91-174

たきのぼり / とんぼがえり / ダストシュート / れいとうビーム

今回はこのポケモンをスイーパーとして採用した。とんぼがえりを採用することで初手で投げやすく、ミミッキュの皮を剥がしながらハッサムヒードランで有利対面を作ることができる。

下降補正をかけているのがBであることに関してだが、このポケモンが受ける物理技が影撃ちなどであることが多く、特殊技に関しては半減であってもかなり削られてしまうケースが多く考えられたためこのような性格にした。

 

 

f:id:kiossamu:20150728222005g:plain

ガブリアス@ゴツゴツメット

191-168-122-:-106-169

じしん / がんせきふうじ / どくどく / ほえる

陽気ガルーラの冷凍パンチを乱数で耐える耐久を確保しつつ、ゴツメゴツメサメ肌サメ肌地震でガルーラを落とせる調整にした。ステルスロックを持たせたかったがこのポケモンが呼ぶポケモンに対して刺さるどくどく、そしてバシャやイーブイバトンに刺さる吠えるを選択した。

ゲッコウガラティオスがガルーラと対面した際に、このポケモンに引いてガルーラを削るのが主な仕事だった。

・追記

組んだ当時はガルーラが一定数存在していたが、現在はそこまでいないため別の地面ポケモンを採用したほうが良いと思われる。

 

f:id:kiossamu:20160116190512g:plain

ヒードラン@たべのこし

197-:-127-166-158-98

マグマストーム / だいちのちから / おにび / まもる

ひかえめHD極振り。ハッサムだけではカプ・テテフに対して押されてしまうため採用した。相手の交代先にかける負担が極めて優秀であるためハッサムゲッコウガ、後述のボルトロスの対面操作のサポートを用いて行動回数を確保した。

このポケモンに関しては完全に自身の好みで採用しているため他のポケモンを検討してみても良いかもしれない。

 

f:id:kiossamu:20150803024157g:plain

ボルトロス@オボンのみ

184-:-132-146-101-135

10まんボルト / めざめるパワー(氷) / ボルトチェンジ / でんじは

実数値はORASで流行ったHBベースのボルトロスの調整にした。この構築で重たいボーマンダボルトロスといったポケモンに対して投げていく。場合によってはバシャーモとも撃ちあったり、相手に麻痺を入れてラティオスで制圧したりと多方面で活躍した。 

 

【まとめ】

基本選出はとくに無くメガハッサムと2匹選んで選出するケースがほとんどではあったが、ガルーラに対してサイクルで受け回すのは難しいためガブリアスで削るのを意識した選出を組み込むことが多かった。

また、ヒードランを選出した時は何回ヒードランが行動できるかで試合が変わってくるため隙あらばヒードランによる有利対面を作るように心掛けた。

 

質問等あればコメントにて受け付けます。お気軽にどうぞ◎

 

・追記

背伸びオフでは別のもらったラティハッサム構築で4位だったのですが、それは舞うハッサムで制圧する構築だったのでそういう構築もある程度強いと思います。

とにかく1つの枠組みにとらわれることなくさまざまな観点から考察することが大事ですし、考える方は色々な事を試してみてください。