Hello, 夢幻を数えて

構築記事を書いたり、大会運営をしたり。

【ポケモンSMシーズン1使用構築】ガルーラなんとか(2049)

【はじめに】

シーズン1はお疲れ様でした。たかきおすです。

今回はポケモンSMシングルシーズン1にて使用した構築を紹介します。

並びは以下の物となります。

f:id:kiossamu:20150820090852g:plainf:id:kiossamu:20160823220944g:plain

f:id:kiossamu:20161220162341g:plain    f:id:kiossamu:20170110235836g:plain

f:id:kiossamu:20161220162323g:plain     f:id:kiossamu:20170111000023g:plain

 

ではパーティの説明です。常体となります。

 

【構築の経緯】

まず、いつもお世話になっている方から初手でかなり出し負けにくいミミッキュの案をいただいた。そして裏には「高い対面性能を持ったメガ進化ポケモン」、「一貫を取るポケモン」、「崩し」、「一貫を切るポケモン」、「詰めていくポケモン」をバランス良く組み込んでみた。

※ちなみにこれが正しい組み方かと言われると諸説あるため、有識者に色々と伺いたい次第である。

 

【個体紹介】

f:id:kiossamu:20161220162638p:plain

ミミッキュ@ゴーストZ

131-156-100-:-125-148

シャドークロ― / じゃれつく / おにび / つるぎのまい

今回のスタートとなったポケモン。様々なポケモンに対し完全な出し負けがほとんど無く、初手で投げやすいためとても使いやすかった。命中不安の技を2つ採用しているが、それ以上に見合った範囲を見ることができるポケモンだと考えている。

初手で投げずともある程度ストッパーとして活躍してくれるためとても選出がしやすいポケモンだった。

パーティ全体でテッカグヤを呼びやすく、よく初手で飛んできたため無理やり削ることが多かった。 

 

f:id:kiossamu:20160223173049p:plain

ガルーラ@ガルーラナイト

211-161-101-54-102-111

211-193-121-72-102-121

ねこだまし / すてみタックル / ふいうち / れいとうビーム

今回は前述のミミッキュとこのガルーラを軸とした構築となっている。耐久にかなり厚く振ったのは諸々のZワザに対しての行動補償が欲しかったから。

れいとうビーム」は「ふいうち」と合わせて普通のガブリアスを期待できる乱数で落とせたり、どうしようもない時のボーマンダに対する技であったり、わずかな勝筋を作れたりと多方面で活躍した。

ミミッキュが落としきれなかった相手をねこだましで落としてゲームを進めるポケモンでもあった。

 

f:id:kiossamu:20160116191353p:plain

ガブリアス@こだわりスカーフ

183-182-116-:-105-169

げきりん / じしん / ほのおのキバ / いわなだれ

本構築の「一貫を取るポケモン」として採用した。もちろんスカーフガブリアスであるが故にルカリオに対するストッパーになったりもした。

「ほのおのキバ」はテッカグヤやハッサムに対する打点として採用した。

 

f:id:kiossamu:20161220162608p:plain

カプ・テテフ@こだわりメガネ

145-:-96-182-135-161

サイコキネシス / ムーンフォース / サイコショック / 10まんボルト

本構築の「崩し」として採用した。主にポリゴン2絡みのサイクルなどをこのポケモンで崩していった。「サイコショック」を採用しているのはハピナス入りの構築も崩してほしかったためである。

Cに補正をかけるとオーバーキルのような気もしたため今回は素早さに補正をかけたが火力不足を感じることも無く、思わぬ勝筋を拾えたケースが幾つもあったことから補正をSにかけて正解だと感じた。

  

f:id:kiossamu:20170111004324p:plain

テッカグヤ@たべのこし

203-:-169-128-122-82

かえんほうしゃ / まもる / やどりぎのたね / みがわり

とにかく地面タイプの一貫を切りたいため採用した。物理ポケモンに対して投げる機会が多かったためHB方面に大きく振った数値配分となっている。

この構築の鋼タイプに対する打点が少ないため、一定のダメージを期待できるかえんほうしゃを採用した。

 

f:id:kiossamu:20170111010108p:plain

パルシェンきあいのタスキ

125-161-201-:-65-122

つららばり / ロックブラスト / こおりのつぶて / からをやぶる

最後に試合を詰めるポケモンとしてきあいのタスキを持ったパルシェンを採用した。同居しているカプ・テテフのサイコフィールドと「こおりのつぶて」の相性が悪い用にも見えるが、むしろ先制技を受けないことによる恩恵の方が大きかったため積極的にカプ・テテフとの同時選出をした。

また、きあいのタスキを持たせることでボーマンダなどに対するストッパーとしても活躍した。

 

【まとめ】

前述の通り基本選出はミミッキュ+ガルーラ@1とした。ただし、今回の環境には様々なポケモン、様々なタイプの構築が存在しこちらの選出が歪ませられることが多々あった。

また、ミミッキュが出し負けしないとはいえ、相手の初手で出てきたポケモンを落としきれないケースは多々あったため先制技を持ったガルーラをパルシェンはかなり重宝した。

 

【結果】

Max        2087

Finish     2049

 

【感想】

ここからはまた敬体で駄文です。

今作は前作でやらなかった「トップメタを使って戦う」ということをしたくなったので実際にやってみました。

まず改めて認識したことは「低KPのポケモン」で構成された相手がとてもぎりぎりな行動をしてくることです。これは前作で自分がやってたことですが、やはりこちら側がイージーウィンをいくつか拾う事があったため、範囲の広さと型の多さを兼ね備えたポケモンを中心に構築したパーティの使いやすさを十分に感じ取ることができました。

逆にそういった行動で崩されることも少しありましたが、きちんとパーティ作りから徹底すれば勝てた物ばかりであったため強い人はここで差をつけているのかなと感じました。

勝てる試合は落とさず、負けそうな試合でワンチャンスをつかむ。そういった当たり前のことを徹底するにあたり、またこのような構築を組んでみようと決意しました。

もちろん、自分のプレイングには至らない点や反省するべき点はたくさんあるためシーズン2以降も精進していきたい次第です。